骨盤底筋とドローイン

ゆで卵の殻を食べる苦行は続けています。タダでこれだけ良質のカルシウムが摂取できるんですから。
食べ方も改良して、サラダのお野菜と一緒に口の中に放り込んでいます。すると食べづらさが和らぎます。

この数日で気づいたのが、「骨盤底筋を締めるとドローインになる」ということです。
骨盤底筋を締めることを意識する、つまり、膣口のあたりを締めようと意識すると、自然にお腹の筋肉が凹みます。巷で「ドローイン」と呼ばれているお腹の凹み方です。
としたら、これは一石二鳥!思いだしたら実践します。

これからしばらくはブログ更新は週1回のペースにします。仕事が結構タイトなので。
では、また来週。


スポンサーサイト

涙の苦行…

何とかこの3日続けたこと。
卵のカラの直食い(笑)。

現在利用している出張先のホテルでは毎朝茹で卵が供されます。
それで、カルシウム源として卵の殻を食べ始めました。卵の殻はカルシウム源としてはとっても良質だそう。
確かに、私が一時期買っていたカルシウムのサプリは「卵殻カルシウム」と原材料名にありました。それを思いだしたんです。調べてみると、卵一個の殻のカルシウム量は約2グラム、吸収率を考えても、質も量も毎朝一個分のカラを食べるとサプリ以上みたいです。
茹で卵なので、表面の殺菌ももう済んでいて安心(のはず)です。

というわけで食べ始めました。
でも、
美味しくない、いいえ、不味いです。泣きそう。

カルシウムをより良く吸収させるため、しっかり咀嚼していますが、その時間が辛い。なんで朝食ビュッフェのサラダにケチャップもしっかりかけて(リコピン摂取、の理由もこじつけて)、カムカムしてから飲みこんでいます。

大変な苦行難行ですが、この出張の間は続けていきたいです。




只今のそっとう生活

とってもとっても久しぶりのブログアップです。
出張はまだまだ続き、ビジネスホテルと仕事場の往復生活も継続中。居室がWifiがしばし寸断されるのでブログも書き渋っていました。

体型&食べ方は目下良い感じです。
朝食ビュッフェ爆食いー昼食はゆで卵2個&タンパク系(おやつカルパスか食べる小魚)のもの少々ー夜はコーヒー&紅茶&オレンジジュース(タダなんで)
という毎日です。夜は確かに辛い、夕方も「やっぱり今日は夜食べちゃおうかなー」と考えます。でも、翌朝の爆食いの愉しみを想像して何とかガマンしています。
朝食のビュッフェはサラダ数種(海草、ナムル、チキン、)、卵(ゆで卵かスクランブルエッグ)、お味噌汁、コーヒーです。他にもフルーツやヨーグルト、ご飯などもありますが、これらはパスです。ビュッフェなんで、卵とチキンを大量に頂きます。ここは味付けもシンプルなので嬉しいです。ほとんど味付けなし、軽い塩気だけで、各自で調味できます。先々週までのホテルの朝食はお惣菜系が多くて、お魚も卵もお肉も色々供されましたが、最後には味付けが私にはストレスになりました。

調味料の糖分もおろそかにできないな、と感じています。まず「食欲がブレ」ました。今のシンプル塩系になってから空腹感はあるものの、以前とはなんとなく違う、わさわさした感じがありません。

ただ、卵とチキンだけだと偏るかな、と思って、サバ水煮缶やレバー(お肉屋で買って塩味つけてホテルのレンジでチンします)をこっそり加え始めました。



ホテルのビュッフェ

まだまだホテル住まいです。おかげで朝のビュッフェでお肉・卵・野菜・海草はしっかり食べられます。唯一欠けているのは魚です。なのでここ数日はこっそりサバ缶を持ち込んで食べています。目下夕食は抜いているので、しっかり食べるのは朝のみなので、こうしてルール違反しています。
サバ缶の塩の効いた脂は幸福感をくれますね。心理的にも私は「サバ缶カルト信者」なのでこれを食べられる安心感は大きいです。

今のホテルは先週までのホテルとことなり、朝食がかなり洋食・アメリカンっぽいスタイルなので、サラダ・おかず類も味付けがとってもシンプルです。前のホテルが「お惣菜」っぽくて、美味しいながらも味付け自体が甘じょっぱい、糖質しっかり、という感じだったので美味しいながらも体調なんとなく「8分の仕上がり」っぽかったのが、今のホテルに来てから「9分」に改善された感覚です。
「あとの1分」はセルフコントロールのゆるさ、です。

プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 4年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR