FC2ブログ

久々のじんましん

久々に出ました、じんましん。あー、大変でした。寒冷じんましんです。
10年ぶりぐらいに発症しました。昨日は暖かくて、その中を速足で歩いたら汗ばみました。帰宅して着替えた瞬間にすうっと冷気を感じて、その後5分足らずで太腿に激しい痒み、と世界地図のような発疹。パニックになりそうでした。掻いてはいけない、と必死にパンパンと何度か叩いたあと、アルコールを浸したウェットティッシュで拭いたら、和らぎました。この処置は根拠ありません、本能的に痒みを違う感覚で紛らわせよう、としての行為です。

まだアトピー体質が抜けていないんですね。
この数年、用心のため自宅では秋口から春先まで、「絶対に」自宅の浴室・シャワーは数年前から使っていません。近所の区民スポーツセンターのシャワーか銭湯で、湯上りも更衣所がポカポカと暖かいところでシャワーかお風呂です。
時間的に難しいときは、汗をかきがちなところ(うなじ・首、脇、背中、太腿と膝の裏)をアルコールティッシュで、シークレットゾーンは水だけのティッシュで清拭します。
この拭き上げだけの日が続くことも何日もあります。一応、数日おきに会う母にはチェックしてもらって、体臭無し・OKとは言われています。

お風呂もシャワーも無しの日が続く、というのは、傍には言えないことですが、自分のアトピー体質・蕁麻疹を考えるとリスクを負えません。逆に、「これさえしなければ」アトピーの症状がない、普通の暮らしです。糖質(ほぼ)なし、お風呂なし、石鹸洗剤なし、のそっとう生活ですが、これで特に病院通いせず、塗り薬も飲み薬も無く、発症せずにいられるならこれで十分幸せです。




スポンサーサイト

食べて、寝て、そして疑問(愚問)…

またまたブログ怠けてしまいました。書けなかったのは、
仕事が終わって、さあ夕食、となり、食べ始めると忘我の境地でガツガツ食べて、そのまま机に突っ伏して寝落ちしている、という夜が続いたためです。

その上昨日は、夕ご飯を上記の如くガバガバと食べたあと、食事の締めが欲しい気分。お肉類はもう十分、だったので、バターを少しだけ、のつもりでスプーンに薄くすくいとって舐めたら、止まらなくなりました…。かなりの量でした。かなりの自己嫌悪。こんなに舐めるなら、肉や魚、卵食べるほうが良い、と情けなかったです。

それでも、ここしばらくの野菜極少・動物食強化が原因か、太りません。これだけでもありがたいです。体重右肩上がりでない、というのはストレスを和らげてくれます。

ここでやはり、いつもの疑問に戻ってしまいます。そっとう食のなかで、野菜類・大豆製品類・塩の適量はどれくらいなのでしょう??


食べて痩せた

しばらくブログ書けませんでした。仕事が大変で。昨日はそれが終わって飲んだら寝落ちしたのですが。

でも、この仕事のため出張でなく自宅作業でほぼ9日間、お酒を飲まずに過ごしました。すると、少し痩せました。食べる量は普段以上でした。ここしばらく、ブログで嘆いているように、食欲暴走状態なのですが、それに輪をかけて「お腹に入る、入る」。せめて食べるのが物足りないストレスは無いようにしよう、と思って、割り切って、食べました。

お昼ぐらいまでは、固形物を食べないようにしていました。食欲に火がつくと仕事が手に着かなくなってしまうので。でも、空腹感を紛らわすために、スープに挽き肉や卵黄を溶かしたり、バターをペロペロ舐めたりしながら過ごして、夜にガバッと食べました。
一日の総量はかなりです。バターは平均50グラム、卵は5個、肉や魚を合わせて450gほど。
ただし、糖質は少なかったです。唯一の野菜はトマト水煮缶を100gぐらい(糖質12グラム)、スキムミルクを10グラムぐらい(糖質6グラム)、でした。

体型判断基準の二の腕と手首、太腿の付け根の「肉の厚み」がすこし薄くなった感じです。


これは良策かも

小泉新次郎議員の発言にうなずいています。私としては「拍手!とってももっともなご意見!」と思います。(自民党なのが惜しい…)

発言の記事はこちらです→★

(ここから上記記事抜粋・引用)
************************************
今回の提言で小泉氏らは、2020年以降は「人生100年を生きる時代」になるとしたうえで、「20年学び、40年働いて定年を迎え、20年の老後を過ごす」ことを前提に設計されたいまの労働法制や社会保障制度は持続できなくなるとしている。

小泉氏らが提案した「人生100年時代」の新たな社会保障制度は、大きく三つだ。

一つめは「勤労者皆社会保険制度」の創設。終身雇用を前提にした現在の社会保障制度では、企業の社会保険は正規雇用者のみを対象としている。しかし社会のグローバル化、IT化により、人材が流動化し働き方が多様となる社会では、雇用形態を問わず勤労者全体にセーフティネットを張り巡らすことが必要となるとする。

二つめは「人生100年」に向けた年金制度改革だ。現在の制度では、平均寿命が延びるほど年金支給期間は伸びていく。しかし今後、AIやロボットなどの技術革新により、高齢者はより長く働くことが可能になるため、支給開始年齢の引き上げ議論と合わせた「長く働くほど得をする」年金制度へ改革が必要だと訴えている。

そして三つめは、「健康ゴールド免許」の導入だ。安全運転を続けたドライバーがゴールド免許を得られるように、健康管理に努力した人、つまり国の医療費削減に貢献した人にはゴールド免許を与え、診察料の自己負担が一部軽減されるという仕組みだ。さらに湿布薬やうがい薬など「ちいさなリスク」は自己負担とする。

これら三つの改革に共通する哲学は、「自助を最大限に支援する」ことである。
***************************
(引用ここまで)

とっても賛同するのは3つめの論旨です。やっぱりね、自助努力とか国庫に負担かけない国民はちょっとご褒美貰っていいはずです。健康管理の励みにもなりますよね。
そして、これが実現すれば糖質制限がもっとスピーディーに広がるかもしれません。糖質制限すると、即効・具体的に効果が出ますから。糖尿病の方の多くがインスリン注射や糖尿病薬を必要としなくなり、ご褒美・ゴールド免許の恩恵を受けようとするかもしれません。アトピーだって、高血圧だって、「まずは糖質制限でゴールド免許目指してみよう」ということになるかも。

腑に落ちないこと

安倍首相、トランプ氏と会談してあれだけニュースになっても「非公式だから」会談内容は公にできない、とか。でもニューヨークには「公用機:政府専用機」で行ってるんです。国民の税金ですよー。さらに機内には同行記者も乗ってるし。たとえAPECでペルーに行く途中だから、と言っても、経費は経費です。会社の出張に行く途中で、会社に出張費払わせて私用で別の街に行くことができますか?結局国民のお金を使って、ニュースになるような公のルートで行っているなら、それなりに、対談内容を開示してほしいです。


今日もつれづれに…

きょうはかなりの自己嫌悪、です。調べることがあってインターネット喫茶に行きました(何の仕事やら…?)。ドリンクバーなんで、ついつい、ホットチョコレートを何杯も飲んでしまいました。ガックリ…。
気を取り直して、また再エンジンスタートです。

昨日記事を見てちょっとというかかなり気になっているのがDMAEという栄養成分。魚の脂肪、DHAとEPAは有名ですが、そのなかに含まれているらしいのです。このDMAEは記憶保持など脳に良いにも加えて、顔のシワや小顔にも効果があるらしいのです。これは見逃せません。
イワシに多く含まれているらしいのですが、その他にはどんな食品に含まれているか、どれぐらいの量を食べるべきかまだはっきりしていません。ちょっと勉強してみます。

まだまだスクワット後の筋肉痛です…。とても今日はできません。明日は再開したいと思います。





そっとう徒然

スクワットを始めました。激しく筋肉痛しています…。でも、スクワットがこれだけ好評価されて、否定する論評が何もないのを見ていると、やってみてプラスになりこそすれ、マイナスにはならない、と思って始めました。でも、やっぱりハードです。20回やったらもう下半身がピキピキ状態です。
お休み日を入れながらも、続けていけることを願います…。

日経新聞にサバが入荷不足で値上がりしているそうです。サバ缶も知らぬうちに中身が減っているかもしれません。今のうちに買っておくほうがよいかな、と思っています。


食事回数との戦い

糖質制限関連で、この頃何度かテーマとされていたのが1日1食・2食とか空腹・食間についてです。

私個人の感覚としては、食事回数は少ない方が「痩せる」には効果あると感じています。それは私には実に難しいことなのですが。糖質制限を進めるに従い、1日1食でも、あるいは2食でも良くなった、という発言・書き込みを何度も見ました。でも、私はそういう経験はありません。朝食べない、ということは大変な難儀です。でも、それができると、体調はその方が良いことを実感します。でもでも、その実感にも関わらず、朝から食べたい渇望との戦いです。負け越してます…。

食べ始めると止まらない、食べないと空腹如何に関わらず「なんとなく食べたくて」悶々としている、どっちも集中力と時間のロスです。巷のセイゲニストの方々のように、脱食欲の域にいつか達したいです。


飲み物依存症経過

飲み物依存症との戦い?は続いています。戦い、というと悲壮なので他の言葉を探してします。ともかく、コーヒーは減っています。1日1杯ぐらいまで。ぬるま湯をガブガブ飲んでいます。水だとコーヒーや紅茶が飲みたくなるので。紅茶はマンゴーのフレーバーティーが甘い香りゆえ?抑えが効くので目下これです。とっても廉価なもの(25パック139円)を見つけたこともありますし。この廉価フレーバーティー、数年前にバナナやキャラメルフレーバーを試したときに、全然好きになれなくてすぐに止めてしまったのですが、このマンゴーは結構お気に入りです。このまま右肩下がりで飲み物を減らせることを期待します。


いやはや、と膝をたたく

アメリカ大統領選結果、世界中で湧いていますね。喜んでいるのか怖がっているのか。何だか怖いもの見たさの期待感で盛り上がっている感もあります…。
インターネットで、つい「おーおー」と笑った(?)記事を見つけました。

★トランプ氏をビートたけし氏に例えて
http://agora-web.jp/archives/2022587.html



プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 6年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

ツイッター:負け犬さま@makeinusama01

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR