FC2ブログ

伝播希望…

あなたが、一人一人が選挙に行かなければ、組織票の強い自民党と公明党が多くの議席を取り、一気に憲法改正にまで持って行き、日本をあなた達の大切な銀行預金・貯金や平和な暮らしよりも国益を重視する国にしてしまいます。そうなってから「あの時、選挙に行っていけば良かった」と思っても遅いのです

選挙に行くか行かないかは、それぞれの自由ですが、選挙によって政治家を選び、その政治家たちが国の方向性を決めることを考えれば、「選挙に行かない」という行動をとることは、「国がどの方向に進もうが構わないし、文句も言わない」という考えを表明することと同じだということを覚えておいてください。

http://blogos.com/article/181500/

※今日のブログはすべてこちらの引用です。

選挙に行かないあなたには、日本が他の国に行って戦争をする国になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、徴兵制で無理やり戦争に行かされても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、日本が人権よりも国益を重視する国になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、貧富の差がますます広がっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、国の借金が増え続けて将来破綻しても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、スーパーインフレになってものが買えない時代になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、老朽化した原発が福島第一を超える事故を起こしても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、あなたの故郷が大量の使用済み核燃料を押し付けられても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、マスコミが自由な報道を出来ない国になっても文句を言う権利はない

日本に限ったことではありませんが、先進国では「選挙なんか自分には関係ない」「政治は興味がない」と考える人たちが増えています。特に若い人たちにその傾向が顕著で、これはそんな「選挙なんか自分には関係ない」と思っている人たちへのメッセージです。

選挙に行くか行かないかは、それぞれの自由ですが、選挙によって政治家を選び、その政治家たちが国の方向性を決めることを考えれば、「選挙に行かない」という行動をとることは、「国がどの方向に進もうが構わないし、文句も言わない」という考えを表明することと同じだということを覚えておいてください。

あなたが選挙に行かなければ、組織票の強い自民党と公明党が多くの議席を取り、一気に憲法改正にまで持って行き、日本を人権よりも国益を重視する国にしてしまいます。そうなってから「あの時、選挙に行っていけば良かった」と思っても遅いのです。




スポンサーサイト

腰痛にリュック

今日は鶏レバーを買うべくスーパーに行ったら、マグロの血合いが100円、それも600g超。予定変更しました。血合い部分が多ければ多いほど安くなるんですね。赤身がついていると一気に高くなります。私は血合いのほうが嬉しいので今日の成果は花マルです。

話は変わって…。
今年はリュックが流行っていますね。私も買いました。流行もあってか、いろいろなスタイルのリュックが出ていて選びやすいです。私は脊椎が曲がっていて最近は神経痛がひどくなってきていたので、リュックを買うことは必至でした。数日前まで、いつもショルダーバッグでした。でも私は極度のなで肩で、ショルダーバッグを持つには身体をかなり傾けていたのです。ただ、昨年まではなかなか使い出の良いリュックが見つかりませんでした。リュックの肩ヒモでさえ落ちてしまうぐらいのなで肩なんです…(涙)。
今年はようやく私に合ったリュックが見つかりました。肩ヒモも落ちず、モノの出し入れも身体を大きく傾けたりひねったりせずできる、かつ、見た目がスポーティー過ぎないものです。といってもこれを見つけるまでに、3つ、リュックを買っています(すなわち、3個無駄になったということ…)。
ああ、リュックは(その人に合っていれば)本当に快適ですね。これで腰痛・坐骨神経痛が軽減されることを期待しています。



鶏やらナッツやら

今日は、というか、ここしばらくナッツ類が食べたくて、食べたくて。
なので今日は炒りゴマを買ってチマチマと食べています。落花生はどうもむくむ、アーモンド、クルミはやめられなくてコスパ悪い、ということで。ゴマはよーく噛んでいると、口のなかですりごまにする、という感じで頂くと、油がじんわりと出てきて美味しいです。

何度か書きましたが、やっぱり、鶏系(ムネ、レバー、砂肝)は私と相性が良いようです。食べると痩せます。低カロリーが理由ではないと思います。ムネ肉の皮やレバー・ハツについている脂を食べても翌朝「何だか痩せたかも」という感覚があります。

昨日は鶏の骨付きモモ(ドラムスティック)を皮も頂きました。プラス豚バラも一緒に焼いて食べました。どちらもたっぷり、合わせて360グラム。
そして就寝後、明け方近くに足がつって、それも今回はかなり激しいつり方。なので七転八倒状態でした。ただ、私は「足がつるのは痩せてる最中」の症候なので痛いながらも結構喜んでました。
朝起きてみると、やっぱり、背中と肋骨あたりが自己判断・自己基準ながらなんとなく「肉がうすくなった」感じでした。

鶏肉はビーフ&ラム賞賛の糖質制限界の昨今、少々「代替策」的位置づけの感がありますが、MECの渡辺氏も始めは「(鶏の)から揚げダイエット」を標榜していました。鶏系、私は頼ってます。

この頃好きなもの

ここしばらく、厚揚げ(生揚げ)にはまっています。
水で表面を洗って余分な油を落とします。お湯で油抜き、まではしません。旨味が減ってしまうので。そうしたら切らずにお皿に乗せて、お箸かフォークでブスリと刺して丸かじりします。
味付けもしません。
しっかりカムカムすると、ジュワーとうまみがでてきます。

厚揚げ、1枚(1個?)でカルシウムも鉄も一日の必要量の3分の2ぐらいが摂取できるようです。糖質は1.8グラムなので、許容範囲と思います。

この数日、コンビニで見つけたゼロカロリーのアップルティーを飲んでいます。人工甘味料入りだから良くないんです。甘酸っぱい味が大好きなので、ミンティアかこのアップルティーがないと、「食事の締め」感が無くて寂しくて…。
目下の軌道修正テーマです。


選挙です

ブログ再開です。

参院選が始まりました。
争点は消費税ではないですよ。いかに「政治にお灸をすえる」か、です。

アベ君、やっぱり、憲法書き変えを予定しています。新聞でも記事になっていました。今の政権の考える新しい憲法はこういうものです。
http://blogos.com/article/180609/

おそろしや。
もう「軍国ニッポン」再生計画ですね。
ともう一つ私がぞっとしたのは「財政の健全性の確保」です。
この大義名分によって、「憲法の謳うところによって」私たちの貯金が、なけなしの預金が封鎖されかねません。日本政府の借金相手は日本の民間銀行、つまり私たちが日々使っている銀行です。この銀行に預けている預金を「財政の健全化の確保」のために止められてしまうかもしれません。
さらには止めておいて引き出せないようにしておいてデノミをしたらどうしmすか?私たちの預金のケタが、ゼロが2つ3つ勝手になくなってしまうんです。


「憲法ご都合書き換え」を容認するも、何とかそれを遅らせる、議論を活発にさせる、のは私たち選挙民です。

また、「東京都議のリオオリンピック視察中止」という報道。
行く予定だったのはほぼ与党側(自民公明)の都議だった、という話。
http://blogos.com/article/180208/
視察中止の彼らの言い訳
http://blogos.com/article/180862/

この党の議員には「矜持」たるものがありませんね。

前々回の衆院選のとき、この選挙区で与党の新人が立候補しました。彼は街頭で、私の家の下の歩道で叫び続けました:
「私はXXX議員出身の△△△で学びました」と大音量で繰り返し続けました。自分の政策や提案はまったく、一言も言いませんでした。ひたすらXXX議員(若手でブーム的存在です)の名を繰り返して、去りました。こういう政策も語れないオツムなのに、当選しました。

品位も矜持もオツムもない議員センセイの政党に政治を任せているのは私たち選挙民です。政治はすぐには変わりません、でも、歩みを少し遅くさせて考える時間を作るのも、与党にお灸をすえるのも、選挙民だからこそ出来ることです。




24日までブログお休みします

6月14日から24日までブログお休みします。 皆様もどうかお元気で。


日本の歳のとりかた

日本の超高齢化と医療支援についてこういう記事を読みました。

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/06060552/?all=1

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/06130552/?all=1

特に後半・オランダの例以降には注目です。

思います。この記事と同じように長寿を日本人は必要以上に希求しているのでは?と。日本はここまで長寿社会になったからこそ、財政赤字、医療費赤字、年金負担が拡大し続けているのは事実です。もう一方で、日本のこれだけの研究レベルをもってしたら、「至福の安楽死」術だって簡単だと思います。

たとえば、65歳、年金受給開始年齢を超えたら、自身の意思、家族の了解を持って、「安楽死申請」をすれば、しかるべく安楽死させてもらえる、みたいな制度があっても、もはやいいのではないか、と思います。貧困老人になるよりも、ある程度のところでラクになれるほうが私は嬉しいです。個人的には明日発作や事故で死んでも、いえ、死ねるなら嬉しいです。私、貧困老人予備群なので。

日本人がしかるべき倫理観を遵守したうえで(これは重要!)、こういう安楽死ができるなら、メリットは多いんでは?
例えば、高齢になって、「来週OR来月に安楽死する」と申請、許可されたら、残された時間を穏やかに慈しみ、かつ適度に散財する、行き残したところへ旅行する、美味しいものを頂く、お孫ちゃまに盛大にプレゼントする、とかするでしょうから、内需拡大になります。内需が拡大するうえに、年金の支払を国はしなくても良くなる、国の高齢者医療費負担も軽くなります。若者への年金負担も軽減します。これはWIN&WINではないでしょうか。

狂気の現政権、アベ君も狂いついでにこういう方面の可能性を考えたらどうでしょうか?
マイナス金利や財政政策の失敗で国民に未来への恐怖を抱かせ、財布のヒモをさらに締めさせるよりも、歳をとる恐怖、貧困老人になる恐怖、都会から姥捨て山に追いやられる恐怖を「量的緩和」することを考えてみては?



反省でござんす

今日は二日酔いでした…。糖質制限をし始めてから、かつてのように吐き気を催すことはなくなりましたが、限度を超えると、あるいは、何種類かを一度に頂くと翌朝は頭痛がします。同じ赤ワインでも何銘柄か飲むと、やっぱり頭痛が。昨夕はほぼ30年ぶりに高校時代の仲良しと会い、ワインティスティングの催しで6種類を飲んだ後、焼き鳥屋で(久々の再会にしてはオヤジすぎ…)飲み放題、ワインも泡盛も飲み、その上、ここからは記憶がないのですが(涙)、母の家に押しかけ、また呑んでから帰宅(寛容な母に感謝です…)。今朝起きたら、冷蔵庫の前で、服も変えず、コンタクトレンズも外さず床の上に大の字になって寝ていました。嗚呼…。

50才オバがこんなですからね…。一旦服を寝間着に替えて15時まで「頭痛ーい」ともんどりうちながら寝ていました。

何よりガックリきたのが、冷蔵庫を開けたら、どうも母宅からの帰路で衝動買いしたチーズデザート6Pパックがあり、うち4個が無い(=食べていた)、ベビーチーズ1パックがあり、3個が消費済み。デザートチーズ4個は糖質12グラムなので、許容範囲ですが、それでもね。

火曜日から出張仕事が何本かあるのでしばらく禁酒です。


嬉しいお買い物



頸椎症と脊椎側彎症からくる痛み・しびれ感の緩和のためこれを買いました。ヨガポールたるもの。この上に寝っ転がります。
これが実に気持ちいいです。背骨に沿って縦に使うと背中が伸びます。横にして腰のあたりを持ちあげるのも「効く~」と感嘆します。
コロコロと身体の下を転がすのも気持ちいです。
これは正解、のお買い物でした。



2日間「食べない」というトライ

昨日の朝から食べてません。お茶もコーヒーもニョクマムスープも沢山頂いてはいましたし、ニョクマムスープには溶き卵をかき玉にしていれていましたが。
昨日はお昼過ぎまで色々飲みながら過ごしていたところ、急に仕事が入りました。アポ先に行って仕事していたら、帰宅が22時。お腹ぺこぺこでした。でもここで食べたらきっと暴食して後悔するだろうな、と思い、またまたお茶とニョクマムスープを何杯も飲んで寝ました。

今朝も起きてから「こうなったら夕ご飯を享受しよう」と目標を掲げて現在に至っています。いろいろ飲んだので、また今日は牛乳も飲んだので、ここまでの糖質量はそれなりの量だと思います。 
でも、ほぼ2日やれたこと、嬉しいです。

今日の起床は4時30分、現在19時、いつもの晩御飯時間までなんとか到達しました。
お茶だけ、ブラックコーヒーだけで過ごしたうえでの夕食のみではない、という忸怩たる思いも少々あるものの、それでもちょっと自己満足です。

さあ、これから夕ご飯です。さらに嬉しいことにマグロの血合いをゲット!今回は赤身もほとんど無くて血合い100%、約600g150円!!


プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 6年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR