FC2ブログ

モスク:イスラム教会見学

今日はイスラム教の教会「モスク」を見学しました。
東京にあるモスク総本山「東京ジャーミー」が土日に見学ツアーを
行っているので、それに参加しました。

一般信者にとってもイスラム教のあり方や、イスラム文明と現在の
文明・技術との関わりの説明を聴けて、大変有意義なひと時でした。

また、現在はイスラム教の「ラマダン」、つまり断食の期間です。
断食期間中は「日没以降は飲食可」との信義に基づき、このモスクでは
夕食のひと時を皆で分かち合うべく、夕食の施しがあるそうです。

見学の一環で、その夕食準備中のお食事の一部を見せて頂きました。
スパイシーなレンズ豆のポタージュやデザートのチョコレートプリンなど。
糖質オフであるとか否かを超えて、大変勉強になる、かつ、楽しい
発見いっぱいのひと時でした。


スポンサーサイト

締めの一皿

お腹が空いたとき、チーズやバターをかじると空腹感がかなり和らぎます。
もう一つ、私個人の嗜好・習慣で、ポテチっぽい、塩味でカリカリしたものを
食べると「締め」られた、という満足感が得られます。

ですので、「豚皮揚げ」は私の救世主です。
これで、スナック菓子への中毒が改善されました。

ただ、この豚皮揚げ、揚げるまえの状態で送られてくるのですが、袋が油ギトギトです。
材料に「パーム油」とあるので、これなのかな?と思います。
栄養成分ですと脂肪分は10%なので、そのアブラがギトギトなのか
保存の必要上、油をまぶしておかなくてはならないのか、もともとの
皮に含まれている脂肪分なのか、気になるところです。



バター止めています

バターを止めて一か月、調子よくなりました。
これは全く私個人の結果、現象なのでしょうが、バターを
食べていたときは、食欲暴走が起こっていましたし、
少々イライラぎみでした。でもバターを止めてからなくなりました。
お肉が再び美味しくいただけるようになり、精神的に
落ち着きました。
体型ももとに戻りつつあります。

バターを止めて、生クリームを再開しました。
糖質は含まれているのですが、許容範囲だと考えています。
禅僧でもないので、そこまで厳しくすると、心の弱い
私は折れてしまいます。折れるよりは、7-8割の完成度で
良し、としたいです。

お肉にも卵にもお魚にも、そして再開した生クリームにも
脂肪分は含まれているので、バターでなく、私個人に
合うものでしばらくは進んでいきたいと思います。





コンビニで買う糖質オフ食品

コンビニで最近よく買うものです。

1:ローソンで「糖質ゼロ ロースハム」
スーパーでしか買えなかったのが、ローソンで売り始めました。
それも1パック69円で。

2:セブンイレブンの「スモークタンスティック」
プリプリしていて、よーく噛んで食べるので満足感一杯です。
外出中、どうしてもお腹が空いているときに、
一本100円で十分満足できます。
その上糖質は0.4グラム、合格ライン十分クリアです。
お箸、フォーク要らず、手も汚さず(=手を洗う必要なく(笑))
食べられます。

3:おやつカルパス
ローソンならたいてい扱っています。
ファミマでもセブンでも、店舗次第ですがおいています。
これもプリプリしていて、塩味も脂肪風味も感じられるので
一個10円のものを2-3個食べると、とっても満足です。
糖質はわずかながら入ってます。でもお菓子よりは断然低いです。
そのうえ常温で持ち歩けるので助かります。上記1と2は要冷蔵なので
おやつカルパスをとりあえず買って、バッグに入れて出かける
こともあります。




腹ペコ歩き、気に入っています

腹ペコ歩きは即効のようです。
お腹にも効きますが、背中に効きます。
一生懸命ペコポコしながら歩くと、ウエストの背中側が
使われるのを実感します。

お腹を膨らますときに、出来るだけ膨らますのが
良いようです。

加えて、
私はひどい外反母趾なので、これに加えてカカトから
着地して、人差し指・中指から離陸するように意識します。
腹ペコ歩きとカカト着地をしっかりすると、太腿の裏、
ハムストリングスに大変効きます。

でも、意識をこういう歩き方に向け続けるのは大変です。
つい、思惟にふけってしまいます。
それに、誰かとおしゃべりしながら、も私には無理です。

ジムに通わなくとも20分で即効、大効果ですから、
20分、集中力アップとシェイプアップを目指して
出来るだけ毎日続けたいと思います。


心に残った言葉2つ

糖質とか食事とかとは関係ないのですが・・・。

先日、認知症、メタボやロコモをとりあげたビデオを見ました。
そのなかで某教授は
「動物はたいていは生殖能力がなくなると死ぬんです」
「人間だけです、その後も何十年も生きるのは」
と言いました。
「わー!」と何だか拍手喝采気分になりました。
このきっぱりした言い方。動物が脊椎動物なのか、哺乳類、なのか
そのあたりは私は確認しきれていないのですが、気に入りました。

長生きできるのは、人間のみができる素晴らしい偉業だし、
早逝するのも、また動物としての自然の理と思えます。


もう一つ、今朝はかなり早朝からの仕事で、地下鉄に乗りました。
隣と向い側にに小学生2-3年生と思われる女の子のグループが座りました。
彼女たち、一斉におとなしく本を広げて読み始めました。
私の隣の女の子の読んでる本につい見入りました。
「自分が幸せになって、自分が笑顔になっても、その笑顔を自分では
見られない。でも、周囲の人が幸せになって笑顔になれば、その笑顔を
見ることができる」
という一節にくぎ付けです。あまりあからさまに隣の人の本を見ては
ならじ、ともっと読み進みたい気持ちを抑え、素知らぬ顔をして視線を
正面に戻しました。
何だか、とっても心に残っています。


サイゼリアとかファミレスとか

サイゼリア、好きです。
小皿ものは糖質がかなり少ないものが多いですし、価格もお手頃。
最近はドリンクバーに炭酸水が加わりました。
なお、コーヒーフレッシュは石油のような風味です。

サイゼリアの鉄板もの、ステーキとかハンバーグ、チキンのグリル、とか
付け合わせはすべて「コーンとポテト」です。
せめて、量はすくなくとも、青菜やモヤシを選べるようになれば
絶対オーダーするのに、と思います。

生ハムもしかり、です。ここの生ハム、イタリア人も合格点を
出しているのですが、付け合わせがフォカッチャ(パン)です・・・。
割高になっても、付け合わせ無し、かレタス数枚、にしてほしいです。

残せば良い、のですが、私は根っからの貧乏・もったいない精神の
塊です。残すのが明らかなものをオーダーできません。
サイゼリアお客様窓口、にお願いを送ろうと思いましたが、そういう
ものはありませんでした。
サイゼリアも他のファミレスも、付け合わせを「ローカーボバージョン」も
選べるようになれば、客層拡大になるかもしれないのに、と思います。



お肉やお魚の含有成分

外国のインターネットラジオで、健康に関する番組が
カリウムをとりあげていました。
カリウムの効能はもとより、どのような食品に多く含まれて
いるか、ということも。
よく知られているように、この番組でもバナナ、トマトなどを
挙げていました。

でも、お肉のほうが、含有量多いんですよね。それに一回で食べる
お肉の分量から摂取できるカリウムのほうがずっと多いんです。

どうして、それをメディアは取りあげないのでしょうね。

もう一つ、先日ドラッグストアでDHA&EPAのサプリ
(ネイチャーメイド製品)を特価販売していました。
確かに普段より、また他社よりもずっとお得です。
それで一旦帰宅して部屋にあったサバの水煮缶のDHA&
EPAの含有量と比較しました。
サバ缶とあまり変わりません、むしろ、サバ缶なら、
中骨(カルシウム)も、皮(コラーゲン)も摂れます。
缶の方がずっとお得です。

私は魚も喜んで食べるので、(といっても缶づめやアラ、
煮干しですが)、これからも、お肉もお魚も同様にありがたく
頂きます。



老いを傍らに:ボランティア

今日はボランティアに行ってきました。
週に一回、近所の特養ホームで、簡単な作業のお手伝いをしています。
資格もないし、仕事のために不規則にしか行けないこともあり、
できる作業は簡単・単純なことだけです。
利用者の方の個人情報に関する書類をひたすらシュレッダー掛け、とか
お便りの宛名書き、とか。

でも、こういう単純作業をする人が貴重なのです。
介護士の資格を持っている職員の方は、いつも利用者さんのお世話で
手一杯です。事務作業をしようと思って机に向かったとたん、
自力排泄のできない利用者さんから「トイレー」とブザーで
呼ばれます。お歳を召して、話が繰り返しばっかりの方のお話を
辛抱強く、にっこりと聞き続けます。

そういうなかで、私が1時間とか2時間とか、「その作業だけできる」
というのは、とてもありがたがって貰えます。
こんなに簡単な作業なのに、恐縮です。

それに、現場にいる、だけでも、たくさんの事実現実が見えます。
介護がどういうことなのか、老いとはどういうことなのか、
これらが、如何に、様々な、かつ、こまごまとしたことなのか、
こういうことを感じられるだけでも、違います。
私は、10年間、こういうことを見られる、感じられる場所・機会
として、「ボランティアさせてもらっている」という感謝の
気持ちを毎回抱いています。

世の中の人が、30分でも1時間でも、こういうことが気軽にできる
社会になってくれれば、と思います。
ボランティア、慈善活動、と構えることはありません。
こんな私でも10年続けられるぐらい、単純、でも貴重な作業は
現場にたくさんあります。

それに、小学生でも中学生でも出来る作業はたくさんあります。
普段から、子供たち学生たちがこういう施設に来ていれば、
精神的なハードルが低くなって、地域での共生レベルが高くなると
思います。

某首相が数年前、「愛国心高揚」のために教育基本法を変えて、
必須科目に武道を加えました(それで何人の中学生が死んでいる??)。
そんなことより、お年寄りを実際に見る、老いをぼんやりであっても
見る、ということを学校活動のなかに加えるほうが、
ずっとずっとためになる、と思っています。


追記:歩けること、自分で噛んで食べられる、これは「人間の尊厳」です。
この能力を衰えさせぬよう、日々努めねば、と、ボランティアを
していて実感しています。


日本良い国:糖質制限に寛容です

日本はほんとうに「保守的でない」「開けた」国です。

来週の仕事の内容をエージェントから貰いました。
麗しい和食のラインナップ。お客様がそれをより愉しみ、
ビジネスも含め、日本での良い滞在をしていただくのが私の
役目。

会食のとき、日本人は、私が、目の前の人間が食べようが
食べまいが、「ま、いいか」的対応です。
日本は仏教伝来のころから他国の文化の流入が絶え間なかった
国です。特に明治維新以降は、「開国」が何よりも一番でした。
今の家庭の食卓も和洋中が一緒にならぶ。あるいは「明太子海苔パスタ」
がごく普通の国です。

それに、日本ってバナナダイエットやら納豆ダイエットが
一斉風靡できた国です。そういう「OOしか食べない」
「OOは食べません」ということに何となく慣れているようです。

日本人は、目の前の人が食べようが食べまいが、アレルゲンを
残そうが「あ、そう」的な対応が多いです。特に社会的というか
組織・グループの中で指導的な立場にある人ほど、
「寛容」「許容範囲広し」です。

対して、私がその橋渡しをする、サポートをする相手の国の人々は
外国の食を試そう、楽しもうという気持ちはありますが、
日本人ほどに「食べないことにも慣れて」いません。
私の専門とする国は日本よりもずっと歴史も長くて サミット加盟国
だから「欧州の歴史永い先進国」のはずなんですが・・・。
日本のような役職ハイクラスの人も、私が小食だと
「食べて食べて」とビジネストークをさておき心配してくれます。
時には「あなたが食べ終わるまで待つから」という優しさも…(複雑)。

日本は本当に、良い意味での「雑食」「雑食文化」国家です。

てなわけで、
来週も、お客様との一期一会を大切にし、残せる糖質はさりげなく残し、
かつ、仕事に貢献すべく食を愉しみ、お客様に愉しんで頂きたいと
思います。



プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 6年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR