FC2ブログ

言い訳トマトジュースと肝癒しディナー

昨日はブログをアップした後、ワインを飲みだしてそのまま寝落ちしました。アテはクルミ、小魚&アーモンド、スライスチーズ(1.5枚だけ!!自分を褒めたい…)、サイゼリアの辛味チキン2ピース。これは前にサイゼリアに行ったときに食べきれず、持ち帰ってきたもの(ビンボー!)。

かなりの糖質オフに加えて、ワインも赤の糖質ほぼゼロのもの。血糖値が下がったのか、今朝起きたらとても痩せてました。

ただし、酒量はワイン1本まるまる、とかなりだったのでさすがに今朝はお水以上の「スッキリ」感を身体が要求しています。ということで、トマトジュース。でも糖質制限の枠からは(私の場合はお財布の枠からも)トマトジュースはNG…。

なので、私の言い訳トマトジュースはこれです。
1:トマト水煮缶、カットトマトでなく、ホールトマト、無塩です。
2:これをブレンダ―にかけて固形分もすべてジュース化。
3:水にこの液体トマトを加える。おおよそ水5に対してトマト1ぐらい。
4:穀物酢、絶対にセブンイレブンの93円のもの。糖質が同類製品のなかで一番低くて、酸味もフルーティ、これを加える。量はトマトと同じか少な目ぐらい?

いつも目分量なので、こーんな感じ、です。トマト感、すっぱさ・さっぱり感とちょっと甘みもあって、でも、トマト100%ジュースよりは同量なら糖質も低いはず。

晩ご飯は肝臓が求めていた? サバの水煮缶と鶏レバーでした。この組みあわせ、栄養面でも数値的にはタンパク質・ミネラル・ビタミンすべてがOK、サプリ要らず(ビタミンCは例外ですね)です。


スポンサーサイト

新年の一皿

新年おめでとうございます。
快晴の元日は嬉しいですね。幸先良さそう。

今日はお雑煮代わりにこれを頂きました。



ニョクマムスープに鶏肉団子(ひき肉をスプーンで落とし
いれただけ)、ホウレンソウ、お餅にみたてて、
卵の白身を入れました。
というか、黄身も白身の下に潜んでいます。

それから、鶏レバーのソテー、ただ加熱して塩・ナツメグ
かけただけです(笑)。ハツも入っています。

レバーと卵で、今年1年「肝っ玉」据えて頑張りたいと
思います。


チーズもどきのレシピ求む

チーズは大好きですが、好き過ぎて止まらない、
そして 食べ過ぎると頬がかゆくなります。
なので、買うことはしません。外食で出てきたら
感涙しながら頂く、という食べ方です。

でも、やっぱり食べたーい。
「チーズもどき」のレシピってすべて豆乳か
豆腐から作るんですよね。
私は卵から作りたいです、卵だったら、コストも
抑えられますから。
でも、卵からチーズもどきを作るレシピ、まだ
見つかっていません。
卵から「チーズもどき」を作るレシピ、
誰か教えてくださいな。



血合いの食べ方

このごろのマグロの血合いの食べ方です。

我が家そばのスーパーでは、かなりの頻度でマグロの血合い
700gぐらいが250円で売られています。
血合いのわきの赤身・中トロぐらいのお肉が100gぐらい
ついています。この中トロは母にあげます。
きれいな形のサクとははるか遠い形状ですが、包丁入れたてなので、
パック入りのお刺身と異なり、表面の乾燥・酸化もしておらず、
とってもおいしい(と母は言ってくれます)です。

残った血合いは私が頂きます。
骨回り、また筋がたっぷりのところは、適宜な大きさにして
フライパンで焼きます。味付けはもっぱら塩コショウにレモン
数滴。
筋も骨もない血合いはお刺身で食べます。大体300g位に
なります。
食べ方は以下の2通りがメインです。
1) ユッケ風
塩コショウした後、卵の黄身と一緒に食べます。
あるいは:
2) ナムル風
塩を振った後、一切れに一しずく、ゴマ油を落とします。
ゴマ油は「ゴマ100%」のものにするのがコツです。
なたね油を混ぜたものも販売されていますが、芳香が全然
違います。
同時に、「ひとしずく」が私としてはお気に入りです。



キモい女、イタリアを行く

ローマに行ったら絶対食べておかねば、と思っていたのがこちら。
「レバーのマルケ風」です。
ベネツィア風のレバーと玉ねぎとの煮込みは知られていますが、
これはマルケ州(バレーボールの大林素子さんが所属していた
チームの本拠地)のレバー料理です。
牛レバーを薄くスライスしたら、粉を薄くはたいて塩コショウの後
フライパンでカリカリに焼きます。セージを乗せて香りを移します。
カリカリのレバー、美味しいです。

レバーの向こう側のお皿は「ウサギのソテー煮込み」。これも美味しかった!
ウサギをさっと炒めたあと、調味して白ワインをかけただけ。

fegato alla marchigiana


こちらは骨付きラムのオーブン焼き。本当にシンプル。
典型的・伝統的なローマ料理です。
骨付きのラム塩コショウとローズマリーだけで焼いてあります。
(少しワインを振っている感じでした)
手づかみで食べてもOK!

agnello allo scottadito


プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 6年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

ツイッター:負け犬さま@makeinusama01

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR