低糖質ワイン:ドライをまず選ぶ

どうもブログUPできそうです。

新しい低糖質ワイン発見です。
ただしこれはちょっと高額…。頂き物なので、自分では買えないと思います…。

IMG_20171230_192249.jpg
(糖質は左から二つ目の黄色です。糖質が無いとこのように黄色のままです)

低糖質ワインを選ぶとき、「フルボディ」だからOKではないようです。重厚感をだすプロセスで糖度が高くなっている可能性もあります。たぶん「ドライ」(辛口とは違います)と表現されているものを選ぶのが良いと思います。ブドウ種もはアテになりません。辛口でとして括られているカベルネソーヴィニヨンでも糖質高めのものは結構あります。やっぱり、尿糖検査紙でその都度チェックするのが一番良いようです。


スポンサーサイト

非低糖質ワイン



新しいワインを試しました。セブンで売っているスペインの赤ワインです。フローラル系の風味で適度なコクがあって美味しいです。
肝心の糖質は…、

写真の通りです。糖質は検査紙の左から2つめの色です(左端の色は尿タンパクなので関係ナシ)。
というわけで、結構な糖質量でした。美味しいので、ぜーんぶ飲んでしまいますが、今回きり、です。
対して私の定番のセブンの小瓶赤ワインも久々に糖質計りなおしたところ、前回と同じく糖質ほぼゼロのままでした。やっぱり、このワイン、MYベストです。







トリキ:残念ワイン



鳥貴族、トリキに行きました。一時間ほど待ちましたが、楽しみました。
残念なのはワインです。赤ワイン、糖質高いです。その上、度数は10%だけ。ボディも軽すぎで美味しさに欠けてました。



低糖質ワインと低価格居酒屋

低糖質ワイン&居酒屋インフォです。

「まる金」という居酒屋チェーンです。こちらの赤ワインは検査紙の色がまったく変わりませんでした。
(糖質は右から二つ目の黄色のチップです)



このお店はワインもグラスでなくてジョッキです。
白ワインは検査紙に色がほんの少し変わりました。5段階の下から2つめ(一つ目は無変化・上述赤ワインの結果)だったので、白が飲みたい、というときには及第点だと思います。セブンの一番安い赤ワインがレベル4まで変わることを考えれば(これ、カベルネソーヴィニヨンなんですけど)、ずっと優秀です。

このお店、低糖質のみならず、お値段もとっても低いです。飲み放題30分で290円。ワインも焼酎もビールも全てOK。かつ肴は低糖質のものが多種多様。焼き鳥は一串・一本80円ほど。普通の串のハーフサイズです。だから、自分の食べたいものをどんどんオーダーできます。串を外す、仲間とシェアする気遣いも要りません。

飲み放題はこういう風にセルフです。上段のビンはすべて焼酎、これも糖質セイゲニストには嬉しいですね。

DSC_0008.jpg

自分で飲みたいものを注ぎに行って、自分の食べたいものをオーダーする、「飲み会仕切り屋」が楽しみ、という人にはちょっと向かないかも、これだけがデメリットです。



低糖質ワイン

新たな低糖質ワインを見つけました。



検査紙の色が全く変わりませんでした。念のため、2か月ぐらい間隔をあけて2本目を買ってもう一度調べました。1度目も2度目も検査紙の色は全く変わらず。嬉しい。
これはイタリアの赤ワイン、ブドウはシラーズとネロダヴォラです。どちらも大好きな風味のブドウで、このワインは結構甘くて、かつ軽い渋みがあり、酸味はほとんどない、という私の一番好みの味です。これだけ甘みも感じさせるのに低糖質、というのは嬉しいです。

価格は定価で980円、2割引きで買えたので税込みで800円ほどでした。




プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 4年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR