ハイボールの糖質量:その2

ハイボール、今回はOKでした。

IMG_20180420_203818.jpg

一晩経っての色がこちら

IMG_20180421_140938.jpg

絶対安心なのが右側のウィルキンソンですね。個人的にもこちらのほうが好きな味です。よりドライ、でした。




スポンサーサイト

注意!ハイボールの糖質量

目下ドライサワーのブームだそう。
ワインが好きなのですが、試してみました。

IMG_20180407_184623.jpg

これはウィスキーベースのハイボール、糖質はほぼゼロです。ただ、個人の好みとしては好きではないです。もっと炭酸のガス感もウィスキー感も欲しかったな。

次はこちら。

IMG_20180414_183543.jpg

糖質高い! さらに翌朝、この検査紙は糖質量を表す緑色が一層濃くなって、糖質最高値、までに達していました。謳われている「糖質ゼロ」はちょっと??、かも・・・。



低糖質ワイン:ちょっと残念ワイン



これはちょっと残念なワインです。
美味しいー!です。私の大好きなブドウ種・シラーです。華やかで、かつちょっとスパイシー、タンニンも感じられて美味しいです。
でもでも、糖質ちょっと高めです(糖質は右の色です、糖質量は5ランクのちょうど真ん中)。
辛口、ボディしっかりの赤ワインは糖質制限していてもOK、というのが定説ですが、やっぱり、銘柄で糖質量は大きく異なります。これだけは、都度測らないとわからないようです。辛口とか低糖質との定説のカベルネソーヴィニヨンでも糖質結構高いものも沢山あります。やっぱり、ちょっと注意しないとね。

とか書きつつも、やっぱり、ぜーんぶ空けてしまいました(笑)。


低糖質ワイン:ドライをまず選ぶ

どうもブログUPできそうです。

新しい低糖質ワイン発見です。
ただしこれはちょっと高額…。頂き物なので、自分では買えないと思います…。

IMG_20171230_192249.jpg
(糖質は左から二つ目の黄色です。糖質が無いとこのように黄色のままです)

低糖質ワインを選ぶとき、「フルボディ」だからOKではないようです。重厚感をだすプロセスで糖度が高くなっている可能性もあります。たぶん「ドライ」(辛口とは違います)と表現されているものを選ぶのが良いと思います。ブドウ種もはアテになりません。辛口でとして括られているカベルネソーヴィニヨンでも糖質高めのものは結構あります。やっぱり、尿糖検査紙でその都度チェックするのが一番良いようです。


非低糖質ワイン



新しいワインを試しました。セブンで売っているスペインの赤ワインです。フローラル系の風味で適度なコクがあって美味しいです。
肝心の糖質は…、

写真の通りです。糖質は検査紙の左から2つめの色です(左端の色は尿タンパクなので関係ナシ)。
というわけで、結構な糖質量でした。美味しいので、ぜーんぶ飲んでしまいますが、今回きり、です。
対して私の定番のセブンの小瓶赤ワインも久々に糖質計りなおしたところ、前回と同じく糖質ほぼゼロのままでした。やっぱり、このワイン、MYベストです。







プロフィール

makeinu

Author:makeinu
そっとう?卒糖? 4年前から糖質減らしています。摂取食事量とカロリーと酒量は大幅UP!でも食費と体重はダウンしました♡
拒食症から過食・チューイングと摂食障害を30年近く抱えていましたが、そっとう生活でようやく折り合いをつけられるようになりました。
「そっとう」するような「レス」生活(糖質レス、石鹸・シャンプー・石鹸レス、洗剤レス)です。
まだまだ精神・心が弱い状態、送ってくださったコメントにうまく答えられないかもしれません、ごめんなさい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR